スパーキー佐藤「早漏革命」を実際に購入して、完全ネタバレ公開します。

 

 

動画を見て、そのままマネするだけなのに

 

最短2週間で早漏を改善し、射精をコントロールできるようになるなんて

 

本当なのでしょうか?

 

 

バックから突く

 

 

意外なことですが、AVの世界には「早漏」の男優が非常に多いといいます。

 

AV男優として問題なのは「早漏」ではなく、むしろ「遅漏」なんですね。
発射しなければならないときに発射できないことの方がプロの現場では大きな問題だからです。

 

とはいえ、AV男優がみんな早漏だったとしたら、それはそれで撮影に支障が出てくるでしょう。
では「早漏」の男優たちは、どうやって発射をこらえ、長時間腰を振り続けることが出来るのか・・・?

 

そんな「プロの現場」で受け継がれてきた「プロの早漏改善法」とは、一体どんなものなのでしょうか。

 

 

スパーキー佐藤の【早漏革命】を購入してみました。

 

※購入者専用「ダウンロードサイト」

ダウンロードサイト

 

 

「早漏革命」にはダウンロード版と配送版が用意されています。
(購入時にどちらかを選ぶことが出来ます)
私はダウンロード版で購入しましたので、手続き完了後すぐに
「購入者専用ダウンロードサイト」にアクセスできるようになりました。

 

このサイト上で、すべての動画教材と特典映像を視聴することが出来ますので、
スマートフォンなどからアクセスすれば、どこからでも動画をチェックすることが出来ます。
もちろんこのサイトからダウンロードして、動画プレーヤーなどで視聴するもできます。

 

なお、配送版で購入した場合には同じ内容が収録されたDVDが希望の場所まで宅配されます。
(配送料金として、別途2,000円が必要になります)

 

 

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

背を向ける妻

■ 発射した瞬間に「えっ?」という顔をされる。

 

■ セックスの後はいつも気まずい空気が流れる。

 

■ パートナーを満足させられない分、自分の征服感も満たされない。

 

■ 妻や彼女が自分とのセックスを避けている気がする。

 

■ 元カレ、過去の男と持続時間を比べられて、
 バカにされているのではないかと疑ってしまう。

 

■ お気に入りの女性をベッドに誘う自信がもてない。

 

■ 彼女をちゃんとピストンでイカせたい。

 

■ エッチの後、彼女がこっそりオナニーしているのを見てしまった。

 

■ 彼女を、自分とのエッチに積極的にさせたい。

 

 

男である以上、自分の「持続時間」を気にしない人は少ないのではないかと思います。
持続時間の短さは、自分の満足感が得られないだけでなくパートナーの女性にとっても
満たされない気持ちを残すことになり、ふたりの関係に深刻な影を落とすことにもなりかねません。

 

女性誌「anan」の調査によれば、自分の夫・彼とのセックスに不満を感じている女性のうち、
なんと半数近くの47%が「快感を求めて他の男性とセックスしたことがある」と答えているのです。
この数字、もはや他人事とはいえない現実なんですね。

 

 

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

当サイトでは、2009年のリリース以来
異例の長期間にわたって売れ続けている大ヒット教材、
「現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】」を実際に購入して、
教材の内容や方法(やり方)、効果などについて、出来る限りくわしくお伝えしていきたいと思います。

 

これまでに数100本のAV作品に出演し
2,000人以上の早漏の悩みを改善してきたスパーキー佐藤の早漏改善法とはどんなものか…?

 

短期間で、効率的に早漏を改善できる方法をお探しの方は、この先のレビューをご覧ください。

 

 

 

特別なプレゼントをご用意しています。

 

現在販売中のビデオ教材を含むVIP特典をプレゼントさせていただきます。

 

特典を確認

 

 

のちほどこのページをゆっくりご覧になりたい方は「お気に入り」に登録しておくと便利です。

 

 

 

公式サイトをすぐに確認したい方は⇒ 
現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】

 

 

スパーキー佐藤が教える【早漏革命】とはどんな教材なのでしょうか?

 

 

見て、マネするだけで「3つの対策」に取り組めるプロの早漏改善法です。

 

 

【教材の概要】

 

本編合計:1時間2分27秒
特典合計:2時間15分33秒

 

合計収録時間:3時間28分00秒

 

 

早漏を効果的に改善するためには

 

● 「刺激」に慣れる
● 「興奮」を抑える
● 「射精」を遅らせる

 

という「3つの対策」に同時に取り組むことが不可欠です。

 

オープニング画面

一般的に公開されている早漏改善法は、
これら3つのうちのどれか一つにフォーカスしたものが多いのですが、
(例えば「PC筋を鍛える」など)どれか一つだけの対策を行ったとしても
持続時間を劇的に改善することは望めないんですね。

 

なぜかといえば、セックスには流れの中で
様々な状況が生まれるからですね。

 

前戯の段階、たとえばキスをしたり、
彼女のアソコを指や舌で味わっている段階では
脳神経が激しく刺激されて興奮状態になります。
最悪、この段階で図らずも「発射」してしまうケースも考えられます。

 

彼女にフェラしてもらったり、実際に挿入した後ならば
ペニスへの直接の刺激も興奮材料になりますし、
「あ、イキそう…」と思った瞬間には、それをぐっとこらえてさらに持続時間を延ばすことも必要になります。

 

そうした様々なシーンにすべて対応できなければ本当の意味で早漏は解決できません。
それらを全てまとめてわかりやすく動画で解説しようとする数少ない教材、それが「スパーキー佐藤の早漏革命」です。

 

 

では、実際にスパーキー佐藤氏の指導を受け、早漏を改善した人気AV男優のインタビューをご覧ください。

 

 

【早漏革命】実践者 AV男優:横溝昌史氏の評価インタビュー

 

■音声が出ます。音量にご注意ください。

 

 

【早漏革命】実践者 AV男優:赤井ティッシュ氏の評価インタビュー

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

早漏革命公式サイトへ

 

 

 

「早漏」の一番の罪悪はどこにあるのか?

 

一般的な考え方で言うならば、

 

「まだイキたくないと思っているのに、不意に発射してしまう」
「思うように出そうになるのをこらえて発射をコントロールすることができない」

 

というのが早漏の定義なのでしょうが、
いうまでもなく、挿入からの時間が何分以下なら早漏、
何分ピストン出来れば早漏ではない、という明確な基準があるわけではありません。

 

相手がそれほど経験を積んでいない女性なら
たとえ短い時間であっても「エッチってそんなものだと思ってた」というケースだって少なくないようですから、
そんな場合は、多少早かったとしても大した問題にはならないわけですが…

 

実際、これも女性誌のアンケートの結果で、
女性たちが望んでいるピストンの持続時間は、最低でも「5分〜7分」
中には「15分以上は腰を振り続けてほしい」という回答もあって個人差は大きいようです。

 

女性たちも、ただ時間の長さだけを求めているわけではないでしょうからね。

 

AV作品

 

とはいえ、もう少し現実的な観点からみれば、早漏かどうかの一番の基準は
「女性が満足するまで発射をこらえることが出来るかどうか」です。

 

女性がまったく上り詰めていないうちに発射してしまう、
「え?もう?」という戸惑いの表情を見せられ、気まずい沈黙の空気が流れる・・・
オトコとしてこんなに屈辱的な瞬間はほかにないと思います。

 

「早い」ことは男としての根本的な自信をぐらつかせることになりますから、
女性に対して積極的に接することも難しくなります。

 

妻や彼女など、パートナーになんとなく顔向けしにくい雰囲気になり、
気になる女性、モノにしたい女性がいたとしても
アプローチをためらうようになりますよね。

 

「今日もダメかもしれない」
「今夜もバカにされるに違いない」
「元カレには、もっと満足させてもらっていたんじゃないだろうか」

 

そんな考えは精神的に大きなプレッシャーをかけることになり、
その重圧が「早漏」だけでなく「勃起不全(ED)」に発展するケースも数多くみられるようです。

 

こうしたコンプレックスは日々の生活のハリにも影響しますので
性的な関係に限らず、日常の仕事や人間関係にまで悪い影響が及ぶことも多いんです。

 

先ほども申し上げましたが、早漏の最大の罪悪は「女性が満足する前にひとりでイッてしまうこと」。

 

若いころのように、ただ自分の欲望を満たすために「発射さえできればいい」という考えなら問題はないでしょうが、

 

女性を深く満足させられるオトコでありたい。
パートナーが、自分とのセックスを積極的に求めるようにさせたい。
もっと気持ちよさそうな喘ぎ声を聞きたい。
たっぷり時間をかけて、パートナーと濃厚な時間をすごしたい。

 

そう望むのであれば、早漏の克服はどうしても必要なステップになりますよね。

 

 

「早漏」が問題なのではなく、
「射精をコントロールできない」ことが問題だった…

 

 

AV作品

上でもお伝えしたように
AVの男優は圧倒的に「早漏」が多いのだそう。

 

作品の最後で「発射しない」作品はあまりありませんから
AV男優にまず必要なことは「ちゃんと発射できる」こと。

 

「ここぞ」という時に発射できない遅漏の男性では、
AVに出演する資格はありませんよね。

 

とはいえ、いつでも勝手に「発射」していいというものではありませんし、
撮影開始から30秒で「あ、出ちゃった」などという失敗は
プロの現場では絶対に許されない事態です。

 

つまり、彼らに求められる条件は「ちゃんと発射できること」、
ただし「発射のタイミングはコントロールできなくてはならない」ということになります。

 

プロの現場で培われてきた「スパーキー佐藤」の方法とは、
まさにこれに合致した考え方で、

 

早漏そのものは問題ない。ただし、射精のタイミングは自由にコントロールできるようになろう。

 

という、非常に理にかなった現実的な考え方で、
この合理的な考え方が「早漏革命」の人気の秘密にもなっているようです。

 

「早漏」という、肉体と精神の双方にかかわる問題を完全に解決しようとなれば、
先進医療や東洋医学、心理療法など、かなり複雑な治療が必要になることは想像がつきます。

 

でも、スパーキー佐藤の方法は、男優たちが現場ですぐに射精をコントロールできるようになるように、
「こうすれば興奮は抑えられる」「こうすればイカない」というテクニカルな訓練法を示してくれているんです。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ 
現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】

 

 

 

 

次のページで内容と方法をご確認下さい。

 

次のページへ⇒ スパーキー佐藤が教える【早漏革命】の方法と内容

 

 

当サイトだけのVIP特典付きのお申し込みは・・・

 

当サイト経由でスパーキー佐藤の「早漏革命」をお申し込みのあなたに

 

VIP特典をご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典と受取り法

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

公式サイトへ

 

 

無料相互リンク