早漏の改善にパートナー女性が協力できることはある?

【早漏の対策・改善にはパートナーの理解と協力が必要?】

 

早漏で悩む男性はセックスパートナーである女性に言えず、
1人で孤独に悩んでいるかもしれません。

 

セックスでパートナーを満足させてあげられない事や不満に思われていないか等と考えて
プレッシャーを抱えて悪循環しているかもしれませんので、パートナーは寛大な心で支えてあげて下さい。

 

女性のサポートも

 

精神的

 

男性は性欲の塊と思ってしまっている女性もいるなか、
女性が満足してないのに男性だけが射精して満足してしまうと
女性は更に男性をそう思ってしまうかもしれません。

 

そこで男性に対して「早い」と非難するとプレッシャーになってしまいます。

 

男性は女性パートナーよりもメンタル面が弱いとされていますので
早漏対策を行う上ではまず女性が寛容になり、
逆に男性に対して自信を持たせるような言葉を掛けることが大事です。

 

ストレス性の早漏の場合は経験回数が少なくて
緊張したり不安になったりすることが早漏の原因になることがありますので、
セックスの回数を増やして「慣れる」ことも大切です。

 

ただ闇雲にセックスの回数を増やすのではなく
、パートナーも共にリラックスできるセックスをすることで
副交感神経により勃起力も増すので効果的になります。

 

このようにストレス性の早漏の場合は
特にメンタル面が重要になりますのでパートナー側は注意をして下さい。

 

簡潔にまとめると次になります。

 

・パートナーが早漏に対して男性を非難しない。
・自信を持てるような言葉を掛けてあげる。
・リラックスしてするセックスの回数を増やす。

 

 

肉体的

 

肉体的な原因での早漏のほとんどが
ペニスがセックスなどでの刺激に慣れていないことが原因になります。

 

そこでパートナーの協力で早漏を改善できる方法がありますので紹介します。

 

[セマンズ法]
セマンズ法とはパートナーにペニスを刺激してもらい
射精しそうになったら刺激を与えるのを止める方法です。

 

これを4回繰り返してから射精をすることで、摩擦などの刺激に慣れることと
射精のコントロールや我慢することができるようになります。

 

セマンズ法をまとめると次ようになります。
1.パートナーがペニスを刺激する。
2.射精しそうになったら止める。
3.4回繰り返した後に射精する。

 

【早漏の改善にはパートナーの協力が効果的な薬】

 

他には精神的早漏でも紹介しましたが
セックスの回数をこなすことにより、精神的にも肉体的にも慣れることができます。

 

精神的、肉体的な早漏はパートナーに協力してもらうことで
改善されることも多いので、できることなら協力しましょう。

 

先ずはパートナーが寛大な気持ちになって、
早漏に向き合って協力することがどんな薬よりも効果的なのかもしれません。